★目的別で選ぶなら?おすすめ公認会計士予備校を考えてみた★

公認会計士予備校と言えばTACか大原の2大大手が人気および実績ともにトップクラスを誇っています。ただし、公認会計士を目指す方法によっては、TACや大原よりも学習しやすい場合があります。そこで今回はTACや大原以外の公認会計士予備校でおすすめの学習スタイルを紹介していきたいと思います。まず、公認会計士試験は難易度が非常に高く合格率は10%程度を推移しています。難しくしている要因の1つとして、短答式試験と論文式試験の2つの試験に合格しないといけない受験システムがあげられます。しかも、短答式試験の難易度が高く、短答を突破できない受験生が多くいます。そこで、確実に合格を目指したい、あるいは働きながらで勉強時間の確保が限られているといった人は短答式試験の合格を目指し、合格したら次に論文式試験を目指すという段階的に勉強する方法がおすすめです。その際に、おすすめとなる公認会計士予備校がLECです。LECはいち早く短答式試験特化のコースを開設しており、まずは短答式に絞って集中して学ぶことができます。短答式だけのカリキュラムなので授業料も通常のコースに比べて割安であり目指しやすいのも魅力となっています。次に、社会人は忙しくて公認会計士予備校に通っている時間がない人もいると思います。また、地方在住で最寄りに公認会計士予備校が無いケースも考えられます。そんな時は通信講座を利用することで、首都圏で学ぶ受験生と同じクオリティの対策が可能となります。忙しい社会人も時間を見つけて勉強していけるので時間割に悩まされることもありません。どの公認会計士予備校でも通信講座を提供していますが、おすすめはクレアールです。まず授業料が非常に安いので経済的負担が軽いです。安いから質が悪いとうことは決してなく、スマホで授業が視聴できるなど時間や場所を選ばず勉強できる通信のメリットを最大限に活かせるよう学習システムが工夫されています。クレアールは、非常識合格法で一躍有名になった公認会計士予備校であり、最小限の学習範囲・学習量で公認会計士試験合格が目指せるのが特徴です。学習効率にこだわっているので、社会人からは特に支持されています。

★公認会計士予備校ならTACと大原どっちが良い?★

公認会計士予備校

公認会計士と言えばTAC、税理士試験と言えば大原というほど両社は昔から会計系の資格試験に強い予備校でした。それが最近では、公認会計士および税理士どちらもし烈な競争を繰り広げており、公認会計士予備校の2大勢力となっています。結論から言うと公認会計士予備校で学ぶなら両者どちらでも合格することは可能でしょう。それだけ質の高い指導をどちらも提供しています。ただし、双方の強みや特徴などあるので、あとは相性を見極めてどちらを選ぶようにしてください。では各々紹介していきたいと思いますが、TACはやはり公認会計士予備校としてスタートした歴史があり、社長も公認会計士試験に合格しています。そのため、昔から数多くの合格者を輩出してきた豊富なノウハウと実績が魅力となっています。いっぽう、大原簿記学校をルーツにもつ専門学校として会計系の資格に幅広く対応した指導を行ってきた強みがあります。公認会計士試験にも力を入れ始め、最近の合格実績はTACに負けない強さを誇っているほどです。TACの講師陣は法律科目を除き、公認会計士試験合格者で構成されているのが特徴です。いっぽう、大原は科目合格者でも講師として教壇に立っている人も少なくありません。試験合格者だから指導力があるとは限りませんが、自らの受験体験に基づいてアドバイス等をくれるので説得力があります。また、監査法人で勤務している講師も多く、会計業界や監査法人などリアルな話をたくさん聞けるのも貴重です。ただし、以上のように片手間で指導している講師も多く、講義のある時間帯しか校舎に滞在していないケースも少なくありません。いっぽう、大原は専任講師として指導にあたっているため、いつでも質問できるメリットがあります。公認会計士試験となると高度な知識も要求されてくるため、質問が必要になることも多く、いつでも担当の講師から教えてもらえるのは学習効率面からみても魅力です。また、科目合格止まりであっても、担当する教科において優秀な成績を収めている人ばかりなので、指導の質が劣ることはないでしょう。あとは公認会計士予備校の学費や自習室の開放状況などは両者とも大差ありません。むしろ学費については合わせてきている感があるほどです。なので、まずはTACと大原の両方の公認会計士予備校に足を運んで体験授業を受けたり、説明を聞くなどして確認すると良いでしょう。

★確実に合格を狙うなら公認会計士予備校に通うのが王道?独学向きではないので要注意!★

公認会計士予備校公認会計士は会計監査を独占業務とする国家資格であり、人気の高い国家資格の1つです。ただし、人気の高さと反比例して合格率は非常に低く、10%いけば良いところです。受験者層も国立大学や有名私立大学出身者が多く、レベルの高い競争を勝ち抜く必要があるためしっかりとした対策が必要です。公認会計士合格者のほとんどは資格予備校などの講座を受講しているケースが圧倒的に多いのが特徴です。独学で合格している人はほとんどいないので、合格を本気で目指すなら公認会計士予備校の講座を受講しましょう。超難関試験であり、合格後はそれなりのキャリアが約束されているのである程度の先行投資は必須です。日商簿記1級なら独学でも合格は不可能ではありませんが、公認会計士試験の場合、簿記に意外にも法律や理論など多岐に渡って学習する必要があるため、ネットや書籍では独学で合格したという人がいても例外的なケースと捉えたほうが良いです。多くの合格者は大手の公認会計士予備校で対策を行い2年から3年で合格を勝ち取っています。公認会計士予備校の選び方としては、合格実績も重要ですが、自分と相性の良い学校を選ぶことが重要です。社会人コースが開講されているか、あるいはまずは短答式試験に絞って対策したい人は短答コースが開講されているか、学費の予算はいくらかといった自分なりの条件に見合った公認会計士予備校を選ぶと良いでしょう。また、合格までは多くの時間を校舎で過ごすことになるため、通学が苦にならない立地はもちろん、校舎の設備や環境、学習者の雰囲気なども考慮することが重要です。それぞれの公認会計士予備校には独自のカラーがあり、学習環境も異なってくるため、説明会や体験授業に参加してから決めることをおすすめします。また、各校で実施されているキャンペーンなどを上手く活用することで受講料を抑えることができるため、見逃さないよう定期的に各校をチェックしておきましょう。

★公認会計士の予備校を探す!比較ランキングを参考にして人気予備校で集中的に学ぼう!★

企業の会計や税務を一手に担うスペシャリストである公認会計士は、高い社会的地位と安定した高収入で人気の職業です。医師や弁護士と同様、ハイレベルな資格試験に合格した者のみが業務に携われる独占業務を有しており、その試験レベルは国内屈指の競争が繰り広げられています。一般的に、公認会計士となるためには専門の予備校で3年前後学んでから試験に合格する方が多いのですが、人によっては5年以上もかかってしまう難関試験です。独学で合格する方もいらっしゃいますが少数派であり、多くの合格者が公認会計士の予備校に通って学んでいます。択一式による一次試験である短答式試験と二次試験である論文式試験の双方に合格しなければならないため膨大な試験範囲を学習する必要があります。専門予備校では、膨大な試験範囲の中から優先順位を決めて学習のサポートを行ってくれるため、短期間で合格に必要な学習範囲をクリアすることができます。予備校には過去の試験結果を分析した上で年ごとの傾向に合わせた受験対策を提示してくれます。模擬試験も本番に近い形で実施されており、ゴールを明確にした上で合理的に学習をアドバイスしてくれます。公認会計士比較ランキングでは、特色ある専門予備校各校について解説するとともに人気ランキングを公開しています。学費といった費用面での比較ランキングや通学が難しい方向けに通信講座での比較ランキングも公開しているので、これから予備校選びをする方にオススメとなっています。

公認会計士 予備校はコチラ

URL:xn--6oq69csyk568c7sa.biz

公認会計士攻略ガイド※適切な試験対策で最短合格を実現