★目的別で選ぶなら?おすすめ公認会計士予備校を考えてみた★

公認会計士予備校と言えばTACか大原の2大大手が人気および実績ともにトップクラスを誇っています。ただし、公認会計士を目指す方法によっては、TACや大原よりも学習しやすい場合があります。そこで今回はTACや大原以外の公認会計士予備校でおすすめの学習スタイルを紹介していきたいと思います。まず、公認会計士試験は難易度が非常に高く合格率は10%程度を推移しています。難しくしている要因の1つとして、短答式試験と論文式試験の2つの試験に合格しないといけない受験システムがあげられます。しかも、短答式試験の難易度が高く、短答を突破できない受験生が多くいます。そこで、確実に合格を目指したい、あるいは働きながらで勉強時間の確保が限られているといった人は短答式試験の合格を目指し、合格したら次に論文式試験を目指すという段階的に勉強する方法がおすすめです。その際に、おすすめとなる公認会計士予備校がLECです。LECはいち早く短答式試験特化のコースを開設しており、まずは短答式に絞って集中して学ぶことができます。短答式だけのカリキュラムなので授業料も通常のコースに比べて割安であり目指しやすいのも魅力となっています。次に、社会人は忙しくて公認会計士予備校に通っている時間がない人もいると思います。また、地方在住で最寄りに公認会計士予備校が無いケースも考えられます。そんな時は通信講座を利用することで、首都圏で学ぶ受験生と同じクオリティの対策が可能となります。忙しい社会人も時間を見つけて勉強していけるので時間割に悩まされることもありません。どの公認会計士予備校でも通信講座を提供していますが、おすすめはクレアールです。まず授業料が非常に安いので経済的負担が軽いです。安いから質が悪いとうことは決してなく、スマホで授業が視聴できるなど時間や場所を選ばず勉強できる通信のメリットを最大限に活かせるよう学習システムが工夫されています。クレアールは、非常識合格法で一躍有名になった公認会計士予備校であり、最小限の学習範囲・学習量で公認会計士試験合格が目指せるのが特徴です。学習効率にこだわっているので、社会人からは特に支持されています。